くにたち

こだわり

もち米 柏餅
どら焼き たまご
小豆 こしあん団子

厳選した食材を使用する

もち米、小豆、くるみ、大豆、砂糖、黒糖、和三盆、天日塩、卵・・・。
例えばもち米は、『コシの強さ』と『芳醇な香り』。
それらは自然のめぐみで出来ていて、
収穫された年の気候条件や畑の状態などによって味は大きく変化します。
毎年、様々なもち米を食べ比べ、その年の一番美味しいもち米を厳選しています。
もち米は主に、ブランド米の新潟県産のこがね餅を使うことが多いです。
しかし、もち米は、毎年安定した味や品質を必ず 保つことはできません。
宮城県産や、年によっては千葉県産が良い年もあります。
品種もわたぼうし、ひめのもち、はくちょうもち、ヒヨクモチなど様々です。
他の土地、他の品種で美味しいもち米があれば、それを必ず使っています。

美味しく健康になるために

天然の着色・水あめなど自然のものにこだわり、和菓子作りをしています。
植物等の天然の原料から抽出される色素は、自然のやさしい色合いです。
使用している天然着色料は、手についても洗っていただければ、
簡単に落とすことができます。
保存料・粘着材・合成着色料・は可能な限り使いません。

手造りへの思い

和菓子の技術とは、美味しいものを
さらに美味しくするために、少しづつ経験を重ねていくものです。
和菓子で大切な技術は、人の手で造ることです。
温度・湿度・水分量など、
そのときの食材の状態を肌で感じれない機械にはできません。
和菓子の美味しさを引き出すのは、
最後は手造りにかなうものはないのです。

inserted by FC2 system